読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

XPERIAを一週間使用しての感想です

さてさてXPERIAを一週間使ってみてのiPhoneとの比較ないしは共存理由における追加感想です。

●この携帯機のコンセプトは?
このXPERIAの哲学がすこしわかってきました。
コンテンツの種別なく、一括管理して表示する、というのが最大の特徴です。
メールであっても動画であっても、サイトであっても、Twitterであっても、更新があればトップに表示し必要であれば即座に移動できて・・というように。
これはこれでとても優れたものに発展する可能性があると思うんですが、僕たちの頭が古いのか、どうも「直感的」ではない。
それから、ソニー製でない他社ソフトとの共存に難が出てくる。

なので新種のIT機器としては相当おもしろいんだけど、実用としてはすこし疑問かな、といまのとこは感じてます。

●画面サイズの違いは予想以上
iPhoneより横長(?)の画面はwebブラウズで使用すると、予想よりはるかによい。通常は横にして見る事が多いと思うのですが、その使用感はなかなか得難いものです。

●バッテリーの減りはiPhone以上に早い
あまりに減りが早いので追加バッテリーを3200円(くらい)で購入して持ち歩いてます。iPhoneはバッテリーを交換できませんが、XPERIAははずにしくい裏蓋を開けば交換は一応できます。

iPhoneのイヤホンマイクは使えない
イヤホンとしては使えますが、マイクとしては使えない。ま、iPhoneの専用スイッチがついているわけだから当然といえば当然です。
しかし、同梱の黒くてごついこのイヤフォンは好きになれないなぁ・・

●USB充電
USB充電なのでiPhoneのUSB用コンセントアダプターが使えると思い込んでいましたが、こちらも使えませんでした。理由は謎です。

●iModeメールは一部使える
使えないと思われていたimodeメールの件ですが、次のような方法で一応解決をみました。
imode.netサービスを申し込む(210円/月 imode料金とは別)

サードパーティー制のソフトをダウンロードする(たいてい無料)
僕はIMoNiというソフトを無料でダウンロードして使いました。

IDとパスワードをソフトに初期登録して使用可能に。

ただし、通常の携帯メールとは違っていくつか難点があります。
一つは、OSの電話帳とこれのソフトリンクしていないこと。ですから受信メールはアドレスがそのまま表示されます。そこから相手を登録というわけにも行かない。これがかなり不便です。とくにこの「情報の統合環境」であるandroidのメリットがぜんぜん教享受できないのが残念です。

●日本語環境・・・iPhoneフリック入力が可能になるフリーソフトをインストール
こちらもサードパーティー製のShimejiというソフトをダウンロードして使用しています。ソフトはなかなかよくできていて、ほとんどiPhoneと同等の入力が可能になりました。
ただし、タッチディスプレイの感度の違いが原因と思われますが、どうしても誤入力が多く発生します。フリック入力はスピードが早いですからそれに追いついていない感があるのです。タッチ感度の違いは、日本語入力に限らず全体的な印象としても感じます。

●漢字変換
システムの漢字変換は連文節になるとぜんぜん変換してくれなくなります。カーソルキーでの再変換の手間がけっこう面倒です。ひとつひとつ学習させるのも面倒だし・・別の変換候補はネットで探しているみたいですが、その待ち時間も気になるわけで、このあたりがやや厳しいかな・・。

●アドレス帳の問題
以前にこちら、でも書きましたが、ふりがなの件は解決したとしてもやはり使いにくさが残る。サーバーとローカルの連絡先を同期させる際の主従関係がどうも明快ではない。僕の理解不足が原因だとしても、だとしたら、わかりにくい、です。サーバー上のデーターとローカル更新の関係をご存知かの方がいたらぜひ教えてください。

●全体としての印象
ガジェットとして持ち歩きたいと感じさせる魅力は、さすがソニー
前回もいいましたけど、メモリースティックを使用していないところもありがたく、デザインもいい。
しかし携帯ガラバゴスの象徴「ドコモ」携帯ならではのいびつな違和感があちこちで出ているように思うわけで、それはどういうものかというと、ユニークなフリーソフトが次々とアップされているわりには電話機能やimode機能には手が届かないこと。

すこし話題がそれますが、こういうスマートフォンの登場で、これまでの鎖国状態だった意味をすこしづつ僕たちは感じ始めている。imode的なものがいいというユーザーと、もっと自由でオープンなものがいいというユーザーに二分されると思うけど、なにかおおきな変化の時が近づいているように思います。

XPERIAのユニークな操作系が未来にわたってどこまで首尾一貫して貫いてもらえるのか、なんとなく一過性のものでおわってしまうように思えてしまうのは僕だけでしょぅか・・という印象です、いまのところ。

関連記事    http://www.yoot.com/2009/07/google-d0d7.html