YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

SIGN(映画)

昨日O氏から聞いて、さっそく今日買ってきたのが、メル・ギブソン主演の「サイン」。公開当時のCMが「ミステリーサークル」の映画。

一つだけ見たいシーンがある、というだけの理由で買ってきた。どんな映画かさっぱり想像がつかなかったし、公開当時の評判もあまり高くなかったような印象があるしで、まったく何も期待しないで見た。

そうか、こんな内容だったのか・・。それにしてもメル・ギブソンという役者はうまいんだなぁ・・。デビュー作である「マッドマックス」を渋谷の文化会館で観たのは高校生のときだ。期待せずに行って、ハマってしまい、映画館では合計3回見た。そのあと公開された類似品的な「エクスターミネイター」というB級もその勢いで2回みた。(これはこの話とは無関係だが)

それ以来メル・ギブソンのことを、オーストラリア出身のマッチョなアクションスター、と決め付けていた節がある。今日それが完全に覆った。

今回は妻の事故死に絶望し信仰を捨てた元神父の役である。主人公の信仰を試すようなテーマの映画だ。(笑)

ワンマン的につくられた映画なので、特典映像に入っているメイキングもなかなかユニークでおもしろかった。監督のシャマランという人。才能があって頭のいい人だけど、しかし、何かキャラクタ的に足りない気がするなぁ・・という気もする。

まだ見ていない人に、ちょっとだけお勧めしてもいい映画だと思った。期待                 ていないで見ると、いいことがあるものだ。