YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

パンドラの箱、禁断の果実

ライカを買ってしまった・・・。デジタルではなくて銀塩(=フィルム)のカメラ。
多くの知人にあれだけ反対されていた
パンドラの箱を、いや禁断の果実を、ついに口にしてしまった瞬間である。十数年ぶりのローン地獄もなかなか新鮮にちがいない。

僕が写真を取り出したのはアップルのQuickTakeからだから、かれこれ13年目になる。たぶん、いちばん早いデジカメユーザーの部類ではないかな?

僕はもともと忍耐力がない。ワープロがなかったら本はおろか企画書や仕様書なんてまともに仕上げていないだろうし、それと同じようにデジカメがなければ写真なんて撮る気にすらならなかっただろう。でもいまではハードディスクにある写真は数万枚に上る。書いた雑誌原稿や本はそれなりの数になった。

そう、僕はデジタルの申し子なのです。デジタルの力でただの素人がここまでがんばってこれました。
そしていまなぜ、いまさらのようにフィルムカメラを買ったのか? その話をしようと思うのです。いや、させてくれ。

+++++++++++++++


↑これがいわゆる「ライカ」というカメラである。レンズなどは自分で選べ!と、別売り。

ライカ版、という言葉がある。現在のフィルム標準、いわゆる35mmフィルムのことである。ライカ社が映画用フィルムをそのまま横に使ってスチールカメラをつくったことからこう呼ばれるようになった。過去すべての名作はこのサイズで撮影されたものだ。(そうでないものも多々あるけどさ)

ライカは一眼レフで日本メーカーに出し抜かれ、デジカメ市場にいたっては、はるか及ばず出遅れ、オールドファッションスタイルのままで短焦点カメラをつくり続けているメーカーだ。もうこうなると、怖いものなしだ。今日まで潰れずにきたのだから。これ以上古くなるものがなくなると、ちょうどエルメスやローレックスのように独自スタイルを極めればいいのである。

戦地で写真撮影していたカメラマンがこんなことを教えてくれた。
「水に浸した一眼レフは動かなくなった。だが、機械式のライカはオーブンで暖めたらまた動いた」と。
ジッポーじゃないんだから、と笑ってしまったけど、実のところこの話で僕はフィルムを買おうと決心した。規格変更がどうの、上位互換がどうの、という世界で育ってきたデジタル世代にとってこの話はなによりインパクトがあったわけですよ。

+++++++++++++

カメラマンになるっていうのは、漆職人くらい苦労をつまなければならないといわれてきた。撮った写真を確認するまでに何日、そんでもってまた露出をすこしなおして、何日と、とにかく時間と忍耐力がいる。それをマスターしてやっと今度は表情とかシャッターチャンス探しの職人芸へ、といくわけである。
ところがデジカメはというとビデオみたいなものだから、その場で確認修正できる。カメラが小さくなったおかけで特ダネもスナップも、素人のほうがだんぜん面白い、ということになってきて、カメラマンが忍耐で身につけた職人芸をいとも簡単に不要としてしまつた。雑誌写真も編集者がデジカメでパチととっいうのが多くなり、もっとはっきりいいますと、かなりの数の写真家が失業しているという事実がある。

僕は、まさにその象徴なわけで、「ハンバーガーを待つ・・」に使われている写真なんか、ポケットサイズだから撮れたものばかり。

では、カメラマンは不要となったのか?
全自動で表現はこと足りているのか?
という疑念に行き着く。
これまでYesと答えてきた自分がいる。
Do it yourselfが、デジタル技術の後ろ盾だった。
一人でできるから、成しえることがある、と。

しかしふと気づくと、雑誌の写真の質はここのところどんどんと落ちてきている。文章もしかり。手続きの簡略化は、ネタを練り上げるプロセスまで簡略化されていないですか?確実に威厳が落ちているように思う。

そういうことっていうのは、気づかないことも多いけど、いきつけの定食屋の味噌汁と同じで、実は潜在意識でみな気づいているのでは?と思うのです。たとえば最近、好きな雑誌とそうでない雑誌がやけに二分化してませんか?僕は、しらずしらずのうちに、読まなくなった雑誌があって、引越しのとき昔のものをくらべてみたら、写真や構成の品質がいかにもDTP(死語)的になっていたことに気づいたわけです。

そんな世代で育った人間としては、銀塩のカメラという、プロの聖域に挑戦してみたいと思うのです。

一枚一枚がやけに高いこのフィルムカメラで撮るということは、下手の数打ち、から一発入魂、となってゆくわけで、さてこの高いカメラを使いこなせるようになったとき、僕は、デジタルとアナログのどちらを擁護するようになるか、に興味が尽きないのであります・・・・・。

「じゃ、なんでわざわざライカなんだよ!?」
あ、それ、痛いなぁ。笑

そこらについては次回につづく。