YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

ワールドカップの観戦料

僕らが熱中しているワールドカップは、世界のミリオンプレイヤー(っていうのかな?つまり何億円ものギャラを稼いでいる選手です)があつまっているけど、彼らのギャラは誰が払っているんだろう、という話。

ま、結局、僕らファン自身がはらっているわけだろうし、そうでなければ成り立たないわけだが、僕らには彼らにギャラを払っているという意識が希薄である。というか観戦料金を払った覚えがない。あれほどの芸術的なシーンに対しての報酬を、ね。

だれがどうやって補っているのかとなるわけだが、いわずもがなKIRINとか、Yahooとか、CocaColaといったスポンサー企業になるわけだけれど、ということはつまり、彼らはビールやインターネットサービスや清涼飲料という形でドリームマッチの観戦料の課金代行をしてくれているということになる。

最近マイレージビックカメラのポイントのようなバーチャルマネーが発達しているけど、言い方を変えると、僕らはビールや清涼飲料でサッカーの観戦代金を支払い代行してもらっていることになるわけで、これってずいぶんと楽しい支払形態ではないか。

コカコーラなんて飲まなくても、ビールなんてのまなくても、テレビで試合は観戦できるのだけれど、だったらせめて開催期間中はコカコーラをのんでやろう、と思う人はどれくらいいるんだろうか?そういう人を前提にすることを性善説主義と呼び「世の中そんなにあまくないぞ、」といわれてしまうのがおちなんだろうけど・・・。
僕はあと数日の間だけ、ふだんは飲み慣れない清涼飲料水をがぶがぶと飲むことにしよう。