YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

ギャラリーにいった話

http://www.takeuchi-studio.jp/gallery_em/box_.html

行きつけのライブハウスでもっらったハガキをみて、今日はギャラリーにいってみた。

印刷してある写真とちがいオリジナルプリントってのは、「ここに、彼らがいて、カメラがこれくらいの距離にいて・・・」と、そのときの距離感とか吐息とか、情景が伝わってくるものだ。なんだかとても新鮮な気持ちになった。

写真展と違い、一枚一枚値段が付けられているから、それもリアルでおもしろい。とても勉強になる。

オリジナルは買わなかったけど、ライカで撮られたロックミュージシャンの写真集を一冊購入。フィルムには叶わないな・・と、いまもずっとその写真集をみている。

でも僕にはオリジナルプリントの残像が頭にあるから、この写真集もおもしろいのだろう。ミラノで「最後の晩餐」の現物をみたとき
「え?ここまででかいの?」とびっくりして以来、絵を見るときサイズを類推するようになったのだけど、それと同じだろうか・・・。とにかく、いいのである。

この原稿を書く直前に、チャットでこのことを話した友人が、日程のバグを発見してくれた。リンクサイトに11/24からとありますが、もうやってます。念のため。

(今日は気分転換のためにアルファベット打ちで書きました。だから記号が全部、大文字です。)

追伸 開催期間は11/3-11-28 が正しい情報のようです。