YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

ハプニング

すこし前の話であるが、麻布十番の商店街のど真ん中で大捕り物がおこなわれた。

Dsc05585police

数台のパトカーとともに三十人近いおまわりさんが突如として集まり(この写真にうつっているのはその一部にすぎないがそれでも数えると11人もいる)、犯人らしき人物はクルマから出されて身体検査のあとパトカーの中に押し込まれた。そして白手袋の、いかにも鑑識と思しき人が"その人物のクルマ"の中をすみずみまで調べ、"らしきモノ"をビニールにいれる姿がみえる。

やじ馬の多くは息を呑んだ。「ヤクか?」「いや殺人?」と。
しかし、目の前で一部始終をみていた店員から事実関係が伝わってくると、やじ馬に苦笑が広がった。

駐禁取締員の肩を違反ドライバーが小突いたのだという。
それによってただならぬ事態となった次第である。

事実がやじ馬に広まるにつれ、近辺の雰囲気は呆れ顔に変わっていった。

交番のおまわりさんにきくと、「警察は仲間意識が強いからね。身内になにかあったときは徹底的にやるよ」と苦笑する。

ま、これも犯罪には違いないが・・、住人たちは麻布計算にもっと対処してほしいことがたくさんある。その被害者が"身内"では決してないだろうけれど・・・。