YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

ゲームクリエーターになりたい人のために

ゲームクリエーターになりたい人、というのは、今どき、どれくらいいるのだろうか?
かつては、小学生の人気職種だったゲームクリエーターホリエモン旋風のあとにITとか、デジタルとかから若者は興味をうしなってしまいつつあるのだろうか?

ゲームクリエーター関連の専門学校関係者にいいたいことがある。
あなたたちは、とても重要な科目を生徒たちに課すことを忘れている。
それは、「仕事とはなにか」という、考え方の授業である。
私が日々仕事をしているビバリウムという会社は、ただでさえ中小企業なのに、その上前例のないタイトルを企画制作する会社だから、毎日の会議が、若い人に対しての「授業」のようなものである。

教師である僕の日々は、だから、その日の授業を考えることから始まる。参考にするものがあまりないから、新作の製作を進めるという行為は、苦悩の日々でもあり、スタッフたちの成長を見守る行為でもある。愛すべきスタッフたちから逆に教わることも多々ある。

そんな中で、教えることに時間を費やしたくない科目というのがある。それこそが、「仕事とはなにか」という基礎的なこと。仕事でこの職種に従事する以上、女の子がアイドル歌手に憧れるのとは違う、仕事としての心構え。それを専門学校が伝えなければ、どこも教えるところがなくなってしまう。

たしかに大学は、「仕事の心がまえ」なんてことは授業では教えない。だけれど、彼らはOB訪問とか、就職活動とか、あるいは偏差値競争の中でそれをうけいれる体質を身につけてきている。しかし無菌培養の生徒が多い専門学校にはそういった課外活動がない。専門職のスキルを身につけさせるのが専門学校という機関の使命だとすれば、やはり授業でそれをしっかりとおしえなければいけない。生徒たちもあこがれのCGツールの操作法だけでなく、イロハのイが、授業にはいっているか、おしえられる講師がいるのか、それを学校の選択条件に組み入れることをおすすめする。でないと、専門学校経営者が見栄えのいいパンフレット作りにばかり精を出す時代に歯止めがかからない。

ゲームをつくっている現場の情報をリアルタイムに見せることが出来たら、おそらくは若い人が想像していることとはまったく異なる切り口の情報を、ゲームの魅力とともに伝えることができるにちがいない、とよく思うことがある。でも残念なことにそれは僕たちには許されない。僕たちが商用クリエーターである以上、業務機密を途中で開示することができないからだ。「そろそろ開示していいですよ」という発売タイミングを待たなければならないのが歯がゆくてしょうがない。

ほぼ日刊イトイ新聞、に、幾度となく断続的にこういった連載を過去してきたのたけど、そろそろ、そしていよいよ、また再開させていただくことになりそうだ。これはつまり、新作発表の時期が近づいていることを意味している。

それは、自分にとってもうれしい時期の到来であるとともに、厳しいセールス競争の時期が訪れたことを意味している。

新作のメイキングを書く時期というのは、だから、いつも胃潰瘍がひどく痛む時期と重なる。

この胃潰瘍をすこしでも癒してくれる要因になるのであれば、つまり専門学校を出たての生徒たちがすこしでも早く現場の戦力になってくれるのであれば、僕は喜んで専門学校の講師を引き受けるだろう。

そういう学校があれば、の話だが。