読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

どれが正しい?

「瞳を閉じて・・」という言葉を書いていて、「これはおかしい」と手を止めた。
これは本来、「まぶたを閉じて・・」ではないか、と。瞳なんかそう閉じられるものではない。

でも、「瞳を閉じて」というフレーズは、歌詞を含めてあちこちでずいぶんと耳にした慣用句だ。「まぶた」だとどうしても雰囲気がでない・・・と、そのまま悩みこんでしまった。

「目の大きい人がタイプ」なんて言葉も何気なく使っているけど、これは皮膚の切れ目部分のことか、それとも眼球自体のことか、あるいは黒目の部分か、と聞かれるとよくわからなくなってしまう。目というのはどこを指すのだろう? もしかして物体ではなく「隙間」をさしているのではないか?

では「瞳をぬらして」なんて表現はどうなんだ? 瞳はドライアイでないかぎり濡れていてあたりまえだぞ・・・。だとすると泣いたとき涙で濡れるのはどこだ? 目の下か? いや頬か?

よくわからなくなってきた。

慣れぬ人間がいざ小説などを書こうとすると、いろいろと言葉と格闘するのであるが、たとえばこんなことだったりする。

いったい何が正しいのか曖昧なのが「ことば」というヤツである。単語とちがって広辞苑にあたるマイルストンもない。いろはの「イ」から自分なりの基準をもたないとならないのがやっかいだったりする。