YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

ガリレオ

Newtonメッセージパッド、という製品をご存知だろうか?
いまから13年ほど前にAppleが出した、WindowsCEのさきかげのようなPDAである。

当時、いや今もって、これは画期的だった。
ペンですらすら書いて、そのままメール、ないしはFAX。

Janeとディナー、と書くと、文字認識のみならずディナーの意味を勝手に認識してくれて、その日の予定表に、仮予定を入れておいてくれる。Janeをクリックすると、その連絡先が表示。

日本語版の製造権はシャープが獲得したけど、一説によると、ヒット商品のZAURUSとかぶったため、そのままお蔵いりになったそうな・・。商品名はガリレオ、とまで発表されていたのに残念だ。

手書きはいい。
キーボードは、場所を選ぶ以上に用途を選びすぎる。出先で背骨を丸めながら画面に向かうのはもう飽きた。最近はだから、規格練るのにファミレスに万年筆とセクションペーパーです。手書きだと、のびのびとしたアイデアがでてくるからいい。

TABLET PC、買ったけど、いまいちだったしなぁ・・・・と、昨日ネット検索していたら、Windows XP Tablet版がバージョンアップしているではないですか・・。さらにはOneNoteというペン専用ソフトがMSのサイトから無料ユースでダウンロードしている。しかもずいぶんと時間が経過しているし・・・。

「俺はなにをやっていたんだ・・・」とあわてて古いNECタブレットでダウンロードしてみると、なかなかよいのです。
うすっぺらな機械に書きなぐるったメモが何ページでも残せるというのは・・・これはたのしい。
ということで、今日は、古いタブレットを持ち歩いて社内をあちこち移動して、打ち合わせごとに手書きでとったメモをそのまま無線でプリントして配ってました。手書きの字がきれいにカラーで印字されるくる感覚って、はじめてかも。すごく新鮮。弊社社員のYクン曰く、「手書きみたいにきれいですね。」と思わずいうから、「てがきだっつーの」。


↑このまま無線で社内のプリンターがてでくるのは快感。

最近のパソコンって、いろいろに使おうとするから駄目ですね。何から何までモバイルでやろうとするとすぐにマシンも気持ちもいっぱいいっぱいになってしまう。
手書きメモを取って送るだけのPCという、こういう使い方って贅沢でいいです。添付のオフィスドキュメントも手書きで赤を入れてそのまま返送。このゆるい感じが、キーボードなしのうすぺらでかなり古いPCとあっていて、いい感じです。(NECLaVieですが、キーボードなしのタブレットはもうつくられてないので貴重かも)

シャープさん、そろそろガリレオ、出してはくれませんか?
W-ZERO3よりもいいとおもいますが。