YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

お高いおもちゃ

デジカメ歴は誰よりも長いと自負していたけど、EPSONR-D1にはびっくりしました。こんな表現をするとマニアの人からは笑われてしまうけれど、普通のデジカメユーザーにわかりやすくいうならば、このデジカメ製品にレンズはついていない。好きなものを買って使ってください、というわけです。

要は、ライカに代表されるレンジファインダーカメラ(一眼レフ以前のカメラ)を最新技術で再現したものでして、言い換えるとノスタルジックな仕様を再現するためにやけに手をかけた「高価な男のおもちゃ」ですね。

デジタルなんだからフィルム巻上げレバーなんかが必要なわけもなく、なのにこのカメラはいちいち巻き上げないと次が撮れない。バッテリー残量から設定まで、デジタル表示すればいいものをわざわざ機械式メーターで表示させている技術はセイコー時計のものだという。

そんでもって絞りもピントもシャッタースピードもマニュアルで、無論ズームもつかないし液晶でモニタリングもできないなければ内蔵フラッシュなんてどこ吹く風。よくわからないけど不便になったぶん自分が重要になってくる。ひとつだけ助かっているのは、撮影後であればLCDで写真を確認できることぐらいかな。これはありがたい。科学の付録」じゃないがこの徹底ぶりは知人に大ウケだった。仕事に使えないがカメラの勉強になるこのカメラの値段は28万+レンズ代。最高の教材です。

さてカンジンの写真は、というと最初のうちはかなり悲惨でした。でもね、だんだんと慣れてくると、おどろくほどきれいなんだよ、写ってくるものが。

下の写真は初日にとった、ゆめしや(www.yumeshiya.com)に展示中のビンテージマックです。あんまうまくないけど、記念ということで。

ということでこれからこのカメラはあえてモノクロモード用として使うことにしました。広角でモノクロ写真を「ぱちぱち」といわせながら撮ろう。撮影時にわざわざモノクロモードで撮影する人なんてデジタルではいないけどね。I君がむかし「いさぎよくモノクロで」って表現していたっけな、こういうのを。

ということでひさびさにはまるおもちゃを入手したというニュースでした。