YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

元首すげ替えのコストはいくら?

「アメリカ企業の経営者は首がコロコロ入れ替わるから継続性がない」といわれてきた。たしかに、外資系企業の上級職は、日本支社においてもよくいれかわるものだ。
人事がいれかわると、相当なムダがうまれる。
再生のための投資だ、というが、これが頻繁に繰り返されると、企業は本業ではないところで消耗し、そして倒産へと向かう。日本企業の継続性はそんなときに評価されることがある。

だけどこれが政府となると、日本とアメリカの入れ替え頻度はぎらりと逆転するわけで、「こんなにコロコロと入れ替えてしては敵になめられちゃうよ」と日本国民はますます不安になる。総理がだめなのもあるけど、その足をやみくもに引っ張るやつら全員だめだという認識にならないと、まずい。

国家元首の首のすげ替えにかかる機会損失コストは何百憶円相当になるのだろうか? これだけで日本経済はさらに疲弊しちゃうんじゃないか?

日本も国民の直接投票にならないものかな?
国民が選出した元首だったら派閥もそうそう足をひっぱらないだろうに。
「継続は力なり」はどこの国のことわざだ?