読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

スランプ

最近、ブログを更新していないのですが、それは単にスランプなのであります。スランプって言葉、こういう時のために使う言葉なのかよくわからないですけど・・。

ブログというのは自分の心の鏡みたいなところがあって、本当は書きたい事がたくさんあるのですが、書くことができないという状況も仕事がらみでは多々あります。とくに僕のいる業界ってのは、守秘対象が重要でして、その意味では、個々で紹介する仕事がらみのはなしはいつも過去形だったりする。
********
一人の女性の死体をめぐって謎が謎を呼ぶ伝説的カルト番組「ツインピークス」の原作的位置づけの「ローラパーマーの日記」という本。この本は、その犠牲者ローラの死の直前まで心模様を映し出したもの、というもの。あくまで作り物ですけれど、そしてまたヒット番組の副産物的なものですが、これがかなりおもしろい。読んでいる方にも覗き見しているドキドキ感がある。
誰にも読まれる事のないという前提で書かれた「日記」は広く公開することを前提としたプログとは意味合いが全然違っているわけです。それがいい。
ちなみにプログというのは、なんというか公然の事実といいますか、「プログにかいてあるじゃんか!」とクレームされることも多いようで、結局これはメディアなんですね。
**********
したがいまして、ブログ更新のスランプというのはどういうことかというと、「本当はいいたいことがたくさんある」という意味だったりするわけです。何もない毎日なんてあるわけないし。

このブログを読んでくれている人はなぜかやさしい人がおおくて、はげましのメールをくれたりするのです。だから、本当はその人たちむけに、「ここ数日こんなことがあって、ほんとまいっているんだ」なんて書きたいわけ。笑 それが書けない事がちと切なくて、ひとりでもぞもぞと考え込んだりふさぎ込んだりしているのが、ここのところ、とご理解いただき、最近の更新の言い訳とさせていただ行きます。