読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

映画「砂の器」と橋本忍氏の脚本

ただの日記

橋本忍脚本の「砂の器」が昭和49年制作というから、34年前の作品ということになる。
渋谷文化会館には、三つの映画館があって、中学生の僕は渋谷に出るといつも帰宅時にはこのバス停から、三つ並ぶ映画の看板を眺めていた。たぶん「砂の器」を知ったのもその頃だった。話題になっていることは知っていたけど、子供の僕にとってどんな映画なのかよくわからず、実際に見たのはDVDになってから。(同じスタッフの手による松竹・横溝正史映画の八墓村は映画館でみましたが)

そして昨日、デジタルリマスター版と書かれた「砂の器」を買った。通常版と併せると二枚目ということになるが、昭和の日本の風景(制作時ということになるが)をきれいな映像で見たい、という目的で再度買った次第である。

*************************

年齢なども関係あるのかもしれないが、映画というのは、何回もみると、いろいろな発見がある。
この「砂の器」にも、観る者を押し流してしまう強さがあって、ついぞ殺人事件に端を発する人間ドラマに目が行き、推理モノとしてのなんとなくの違和感が残ったままになっていた。で、今回のリマスター版を機に、冷静に何度も物語をチェックしてわかったんだけど、この映画にはバグがあった、という話。

バグといっても、些細な撮影上のミスとか粗(あら)とか、あるいは、「バックトゥーザフューチャー」でタイムマシンを最初に発明したのは結局誰なんだ?などというSF設定への無寛容な指摘とかじゃなく、容疑者が特定できたのか、という推理モノでは本筋にあたる致命的な欠陥。

だから、これから松本清張の原作を読んでみようと思うんだが、昨年あたりに放映されていたテレビ版では解決されているんだろうか?(ま、橋本忍氏の脚本化手法に興味があってのことなので、他作品がどうであろうと実のところはあまり関係ないのですが)

もしご存じの方がいたら教えていただきたいのですが、何をきっかけに今西刑事は、千代吉の息子であるひでおが和賀英良と同一人物だと特定できたんだろう?

犯人の今日と、隠ぺいされたその子供時代をオーバーラップさせながら映画が進むので、観客はなぞ解きが行われる前から、この二者が同一人物だ、と刷り込まれる。失われた過去に目を向けているうちに、「そんな苦労があったのか」と感動してしまい、「でもなぜ捜査線上に彼が浮かんできたのでしょうか?」という、素朴で本質的な疑問を忘れてしまう・・・これも脚本の意図なんでしょうかね?

***************************

エンターテイメントというのは、誰もが見覚えのあるような日常から始まり、でも絶対起こりえない非日常へと観客を導くのがお約束だ。非日常を日常とすげかえる展開をどれだけ自然に見せられるか、が制作者の腕の見せ所であって、そこを落とすと「無理があるよ、これ・・・」となる。

でも推理モノというのは、その意味で他のエンターテイメント作品よりひとつハンディーキャップが多い。それは「さて、どうやって証明する?」の部分だ。

同時期に流行った刑事コロンボがおもしろかったのは、きわめて論理的にそれらを証明して見せたこと。そのためには、設定上登場人物を少数に絞り、常に犯人をその中の一人と限定しなければならない。そうすることによって、事件を帰納的なパズルとして提示することに成功したコロンボは、いってみれば、数学の証明問題。観客も作者も持っている情報を等価にして、目の前で見事にマジックを解いてみせた。観客の常識の穴をフックとしているので「なるほど」と視聴者は唸る

日本の推理は、どういうわけか、それが帰納法ではなく演繹法だったりするわけで、観客が知らないような新しい事実が推測のプロセスでどんどんと出てくる。犯人の自供がクライマックスにあってそれが最大の根拠となる。「本人が認めるんならしょうがないか」とその時初めて探偵の辿ってきた推理が正当化されるわけで、つまり証明の美学ではなく推測の美学が見所となる。金田一先生もしかり。

**************************

点と点をつなぐ大胆な仮説と、そこに浮上する意外なドラマ。当然のことながら点と点をつなぐのは犯人ではなく刑事の憶測であって、科学や論理では到達できない人間ならではの情がそこにある。こういう人間ドラマ性と、コロンボなどに象徴される論理的パズル性はひとつの作品内に同居できないものなのだろうか?

かつて「複眼の映像」という橋本氏の名著書について言及したことがあるが、なぜ「砂の器」で橋本氏は、この「犯人特定」というプロセスを割愛したのだろうか? あるいは原作そのものにその要因があるのか? など年末休みに興味深く調べてゆくことにしようとおもう。

****************************

ということで、さっそくアマゾンで原作を発注しました。
映画作品として松竹の「砂の器」を、ぜひ見ることも併せてお勧めする。