YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

Olympusから何か届いたぞ?

IMG_0156

今日、帰宅したら、自宅にオリンパスから封筒が届いていた。中をあけると、写真のようなステッカー。
大きな受賞を二つした記念ということだそうです。ちょっとうれしくて笑ってしまいました。

だからというわけではないが、このPEN(僕が使用しているのは1の方です)は実に可愛いカメラです。いつもオートを使わずマニュアルモードで使用しています。その理由は、シャッターのレスポンスを早めたいからです。シャッターを押してから機械がいろいろと考えている時間が実に嫌いで、だから機械式シャッター幕のモデルを多用しております。

PENでは、ピントをマニュアルで合わせるインターフェイスがレンズのピントリングになっていて、実はこれ、あくまで電子式なスイッチがここに設定されているだけなのですが、したがって対応しているのは標準のパンケーキだけなのですが、このモードでシャッターをパシパシと切りまくる感覚がとても気持ちいいわけ。液晶上だとピントの合い具合がよくわからないのを補助する機能として、リングをまわすと自動的に中心部が拡大モードになるのもなんとなく気に入っておりまして。

実はつい先日、ライカX1を購入してしまいまして、使い比べをしていたのですが、操作感ではこのPENの方が上なのであります。その最大の理由は、このピントリング操作と機械式シャッター幕の振動、そして起動の時間です。X1の残念(?)なところは、起動するとレンズがせり出してくる、その時間と形状変化が手元でどうにも気になっちゃってね。いつもはバッテリー節電のためにオフにしている人が多いでしょうが、起動するとモーターでレンズがせり出てくるのがどうにも慣れなくて・・

ま、そんなことはいいとして、マニュアルの楽しみに話を戻しますが、シャッターを押した時に強制的に写真が撮影される感覚は、わかる人にはわかると思いますが、病み付きになるほど「気持ちいい」のです。被写体の表情が逃げないからね。というよりうまく行かなかった時に機械のせいにしなくていい。

マニュアルモードというのは、その分自分で必要な設定をしなきゃならないわけで、おのずと操作感が重要になってくる。そういう文脈での今回の話というわけ。

機械というのは自分の鏡みたいなものだから、それを選んだユーザーの性格が出る。僕のようにせっかちな性分の人間には、シャッターを押したら即撮影、というのがありがたいわけ。写真に限った話じゃ、実はないのですがね。ですから、ライカM9もかわいいのですけれど、大きさとかレンズとか、持ち歩くのに多少の覚悟がいる機械ですからね。それとちがってどこにでも付いてくるマスコットマシンとして、PENは可愛くてしょうがないのであります。

ステッカーが届いたからほめているわけではありませんので念のため・・

X1の良さももっと気付いてあげなきゃだね。次回出かける時には持っていきます。そんでそのうちに、撮影例とともにまた書きます。