読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

Macで動くWindows、という噂の真実

今のMacWindowsが動くということは知ってる人は多いと思いますが、かくいう僕も、甘く見ていました。「どのように動くか」についての認識は、かなり適当だったわけです。

以前にこのブログで紹介したとおり、自宅のスペース確保のため、デスクトップをMcMiiniに交替し、キーボードは古いものを風呂で丸洗いしたことまでお伝えしましたが、その事後報告をかねて今日はこのMacで動くWindowsについて紹介しようと思う訳です。

*********

基本的なMacでのWindowsの動作というのは、簡単にいうと、どちらも起動時に選択できるという認識でした。これはこれで決して間違ってはいない。ただかなり原始的な使い方なわけです。その認識がなかった・・・。

この件、すこし詳しく説明すると、ハードディスクを2つのパテーションで区切って、それぞれにMacOSとWinOsを入れておく。で、オプションキーをおしたまま起動すると、そのどちらか一つを選択できるというものでした。

「これだけだと二つのOSを相互に切り替えて起動できるだけじゃん」ということでほっておいた僕がいるわけです。しかし必要に迫られ、いろいろと調べるうちにそうでもないということがわかってきた。調べたあげく、試しにparallelsというソフトを購入してみたわけです。このParallelsはネット上の情報によると、MacOSの画面上に、Winを同時に起動できる、というものでした。したがって起動時にいちいち選択する必要がない。

「果たしてどこまでまともにすごくやら」ということで半信半疑でインストールしてみたわけ。

今日そのインストールが完了した次第。

うん、これはこれでなかなかよい、という評価で、今日はMacOS上でWinを起動して遊んでいた訳であります。

ところで、MacOSにはSpacesという便利な機能があります。仮想敵に複数の画面を切り替えてくれる機能でして、アプリ画面が開いて散らかったデスクトップを、ホットキーで裏表に切り替え表示できる機能です。Winの画面との切り替えにちょうどいいということでWin画面とMac画面を、キーコマンドで切り替えて使っていたのが今日の前半。

しかし、このParallelsの中にある、ひょんなことで見つけたParallelsToolsという機能の説明には、「Winの機能を完全に統合する云々」とある。

これは気になる・・・。

不安もあったわけですが、毒食らわば皿まで、いっちょインストールしてみるか・・・と、この機能を追加インストールしてみたわけです。

**********

これでどうなったか?という話なわけですが、驚いたことに、Macの画面上で、リンゴキーを押すと、なんとWindowsのスタートメニューが出てくる。そこでアプリ選択すると、Winのアプリが平然とMac画面上に現れるのです。

1

この画像は、MacOS用のFireFoxと、Windows用のiExploreが仲良く表示されている風景です。これには僕もちょっとたまげた。

もともとMacでネット利用していての最大のボトルネックは、多くの金融サービスがMacプラウザーにまったく対応していないという事実でした。たとえば株価などがリアルタイムで表示されるjavaSciptを利用したサービスなどでは、WindowsのiExplorerにしか対応していないので、Macでは静止した画面上でひたすら「更新ボタン」ほ押すしかなかった。それ以外のこまかい話をまとめるならば、会社の金融がらみの仕事は残念ながらMacではからきし。できない。

それがあるので、書斎の机上には一代しかおけないデスクトップ機の移行は、なかなかMacにしにくい状況があったのです。が、今回のこの環境では、必要なときにWinアプリを起動すればいいということになりそうです。

*************

僕は、そもそもMacWindowsを起動するというアイデアはあまり好きではありません。ネイティブなOSが心地よく動作するからこそハードの存在意義がある、という考え方です。

ましてやウィルスチェッカーなどで肥大化したWindowsMacOSで動かして何の意味があるんだ?とずっと思っていましたし、以前からこの手の試み、つまりPCIカードでMac用のDOS環境が提供されたり(90年代の話)、VirtualPCという環境ユーティリティーが出てみたり、といったことにことごとく散財してきた。だから今回のBootCampやparallelsにもかなり懐疑的だったのであります。

*****************

これからどんなおとし穴がまっているかもしれないけれど、まずはこのデュアル動作環境を手に入れた僕は、ウハウハなのです。その詳細はことあるごとにこちらで報告してゆく所存です。

ちなみに、この環境をつくるにはWindowsディスクが必要になります。が、わざわざ買いにいく必要などありません。すでにいやというほど所有している不使用Windowsマシンのディスクでいいのです。

「付属のインストールディスクにマイクロソフトの銀色のシリアル番号シールがないぞ」と大騒ぎしていた僕に、K氏は「マシン本体にシリアルシールが貼ってあるはずですよ」とクールに一言。

そうです、廃棄するマシンを注意深くみると、プリスンストールのWindowsのライセンス番号が本体裏側に張ってあったりします。「捨てたもんじゃない」とはこのことです。