YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

ライカM8 ファームウェアV1.102について

今日、M8をもって外に出てみた。
色彩バランスがめちゃくちゃだったM8がどの程度改善されたのかを試すのが目的で。

うん、すこし、よくなってきたな。
今日のレンズは80年代のSummilux 35mm F1.4。
今日のような天気のいい日に外に持ち出すタイプのレンズではないのだが。

僕がこれまで文句をいいたかったのは、奇妙な発色の傾向である。
写真ごとに色味がかわる、というのはどうにもまいっていた。
とくに絞りが開きぎみだと赤(というかピンク)っぽい色味が強いのである。

そもそもクセの強いレンズなので、まだ確かな比較と蚊はできていないのだが、けっこう改善されてきている気がした。

なかなかよいぞ、と思った。

のではあるけれど下の写真のように(そこにどういう規則性があるかは不明だけれど)、突然、どうにも色バランスがピンクよりに片寄ってバランスをくずれてしまうケースがまだある。これはまいる・・。RD-1のコントラストと色彩バランスのほうがまだ自分好みである、というとライカからは怒られてしまうのだろうかね?(かくいう私の写真もたいしたことないモノです。ごめんなさい)

L1025084
▲築地の場外です。ページの関係でトリミングされて表示されてしまっていると思います・・。

追記  あ、ちなみに、僕はすべてJpegで撮ってます。RAWでは撮ってませんので。