読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

Leica M9での撮影写真サンプル<周辺光量落ち編>

今日、日曜日は朝は曇り気味だったけど、そのうち晴れそうだと踏んで、葉山-鎌倉-自宅近辺へとぐるりとドライブに行ってきました。

M9と、数本のレンズで、適当に写真を撮って来たんだけど、そのうち周辺光量落ちの現象が比較的わかりやすい写真を紹介することにします。おもしろみのない写真ばかりでごめんなさい。

(さらにはクリックしても拡大できないものばかりで恐縮です。近いうちに善処しますんで)

*************


▽▽▽▽Elmarit 28mmF2.8ASPH開放での撮影サンプル(IRフィルター装着 WBオート)▽▽▽▽


L1011396_2

▲近隣のスーパーの花屋店頭


L1011415

▲ただの消火栓(!)

▽▽▽▽Elmari 24mm F2.8 ASPH開放での撮影サンプル(IRフィルター装着WBオート)▽▽▽▽


L1011300

▲海の近くの分譲地

L1011306

▲海の近くのしらす屋さん

L1011309

▲そのモノクロ版


L1011315

▲海の近くの犬くん@昼寝中


▽▽▽▽Voigtlander Nokton classic 40mm F1.4 開放(たぶん) WBオート▽▽▽▽

L1011322_2

▲鎌倉鶴岡八幡宮近くの喫茶店ショーケース


L1011359

▲人力車のおにいさん


L1011364

▲古本屋さんはなぜか心が和むので。


ま、要するに、CCDが大きくなったせいで、光量落ちは多々ある、ということのようですね。

40mmでも出てます。 デジタルになると「広角の定義」が変わってくるということなのだろうか? いわゆる「広角ではないレンズ」であってもデジタルだと開放あたりでは「ふつう」な範囲となってくるんでしょうか? フルサイズに詳しい方、いかがなんでしょうか。ご意見をください!!

それから前回に書いたSDカードの不具合は、その後不思議なことに発生していません。

ただし、パッテリーを抜いてリセットしないと動作しなくなる誤作動は時々発生してます。

具体的にいうと、レンズキャップをしたままシャッターを押してしまい、長時間露光になってしまったときなど、M8などでは僕はスイッチをいったん切って、また入れて動作させていたんですね。それが、M9では偶感底部を開けてバッテリーを抜き差ししないと動作しないようです。

つづく