YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

iPhone by ソフトバンク入手方法の考察速報

今朝これから並ぶのであれば地味な店舗が以外に安全である、という話。

**********************************

そもそも7月に発売などと電撃発表で始まったiPhoneフィーバー。デベロッパーでもSB関連会社でも。あるいは多少のコネがあっても手に入らない、という状況。ソフトを作っている開発会社としても「だったら並ぶしかない」、ということになる。

ということで、01時amから都内を徘徊し、6時間ほど並んで若手とバトンタッチ。その途中に得た情報をレポートすると以下のようなものになる。

**********************************

浜松町店のように、うっかり(?)店頭の人が予約注文をとってしまったせいで並ぶ意味のなくなってい店もあれば(そして誰も並んでいないそうだ)、千葉八千代台店のように、ただ誰も並んでいない(4:00AM時点)ので並べば確実に買える、という店もある。

六本木交差点にある六本木店は、思ったより人は少ないし、新橋店にいたっては、徹夜で並ぶ必要などなかった、ちょうど都会の真空地帯(9台に対して6人の行列 7:30AM時点)というところもある。

だから、なにも米国大統領が来たかのような騒ぎのフラグシップ店の表参道店ばかりを目指す必要はない。というよりここは大変である。だいだい、購入後の手続きの時間を考えると、発売時間と入手時間のギャップは人数に比例する。だったら在庫も少ないが行列も小さい、という地味な店のほうが狙い目、ということになる。ま、その一体感やカウントダウンの楽しみもあるけれど・・・・写真をみればわかるけれど、ちょっとしんどいよと思う。(写真の報道陣のカメラの先にはユニフォーム姿の孫さんがいる)

P1070104

△表参道店 7時15分am 

P1070091

△六本木店 7時am ここ、意外に狙い目かも

一緒に並んでいた情報通の方たちの情報によれば、ビック有楽町店は、整理券を10時に配布したあともそのまま12時までそこに並んでいないと棄権になってしまうそうだ。

そもそもソフトバンク直営店とフランチャイズ系の区別は見た目では分からないが、その対応の差は歴然としていて、直営店は厳密、そうでない店はけっこういい加減という状況、そこに大規模量販店が混ざってきているから、購入の難易度はバラバラである。気をつけるべきは、「整理券を受け取った後」の段取り、である。「あとは何度でも」の店と「何時に来い」の店、そして「そのままそこにいろ」の三種類がある。

P1070090

△新橋店5時10分am 

要するに「何台在庫がある」とか「整理券を受け取ったあとはどうなる」を明示しないのであれば、小さい店のほうが結論もはやい、というわけだ。

L9991253

△前日深夜であってもこういうインフォメーションをする店はいい。フランチャイズだからできるのかな?在庫数以上に無用に並ぶ無駄がないもん。

しかし、iPhone、「宣伝なし」でこの認知度はすごいなぁ。

************************************
P.S

ところで、このiPhone、本当に「手に入らない」のか!?!?
土曜日あたりの店頭が楽しみ。