読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

iPhone用の実験ソフト開発の報告(movieつき)

  • iPhone用のちっちゃなソフトを一つつくっているのだが、近々にリリースすることになった。

タイトルはGABO!っていうんだけど、いわゆるいじくりソフト。シーマン2に登場したガボ君に再度登場いただいたのでこのタイトル名に。
だがもうすこし詳しく意図を伝えるならば、「感情の芽生えシミュレーション」とでもなるだろうか。

つまりこの原人ペットには感情ってのが芽生え始める。これとうまく付き合うのがミソ。だから、原始的な感情表現が重要なソフトで、そのあたりが実験的。

日本語圏向けは来週あたり、ワールドワイド版はそのあとすぐ、となる。

*******************************

Deco01

Deco02

▲「生き物と触れ合う」とは「撫でる」とかだけじゃなく、たとえばこういうことではないか?と・・。(虐待という意味じゃないぜ)

なんでDSでもPSPでもなくiPhone用なのか、という理由だが、「実験色が極めて強い」から。つまりゲームではない。「なんとなくおもしろそう」という動機でつくりはじめたものなので、商品としてのゲームっぽいものとして完成させたくなかったんです。

この「なんとなくおもしろいから」という理由だけで作るというのは実にぜいたくなことだ。そんでiPhoneはこういうことに実に向いているんだね。すでに提供されているソフトにへんてこなものが多いのも、いわゆる「人様にわたるまでの敷居が低いから」だろう。

*****************************

以前にこのブログに書いたけど、「生きている感覚」を出すにはその生き物の欲求表現がとても重要となる。

セリフがない生物だとキャラクターはそれらを体で表現することになる。(アクセスしてきたことを察知した際のユーザーへ、あるいはほしいものへの)目線、指差し、それらを交互に繰り返すしぐさと時間・・これらを作りこむとあっという間にモーションデータは増大する。

がんはばってくれたプログラマーはルーキーO君。本当にお疲れ様でした。

****************

なんの役にも立たないソフトであるけれど、それは僕らのソフトの特徴ですから(笑)。ほけっとの中のiPhoneの中にだらしなくて汗臭いペットを飼っている感覚に陥るという、へんな癒し系ソフト。音声認識などはとくに使っていません。

ちなみに彼、機嫌がわるいとガボは自分のうんこを投げつけてきますが、これ、昔からの僕の個人的な願望だったりする・・。

gabomovie.mp4をダウンロード

なんだかんだと手がかかってますが、企業広報を兼ねた実験作なので価格は450円ぽっきりになる予定。この450という数字にどういう意味があるのかは(Sクンが決めたことなので)詳細は不明。高いのかそれとも安いのか?そのあたりもふくめてダウンロードはiPhoneから接続してappストアからとなる予定。