読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

Galaxy Tabの評価・・タブレット電話がもたらす可能性

発売日に入手することのできた通算5台目のAndroidであるGalaxy Tabの評価がなんとなく自分の中で輪郭を結び始めたので、今回はすこし紹介させて頂くことにします。

****************

まずこれまでの4台についての感想を簡単に記してみることにします。

1台目・・HT03  携帯電話として使うには5台の中でもっともバランスがいいかも。バッテリーもそこそこ持つしトラックボールの使い勝手が秀逸。ただ、初期のモデルだからハードウェア的に、Androidの性能を引き出しているとはいえなかったかな。

**********

2台目・・Experia 期待大だっただけにすこし残念なモデル。バッテリー寿命がここまで短いか?という問題は、バージョンアップで改善された感じだったけど、iPhoneとの比較となってしまうスペックは、「いまひとつ」という印象だった。電源アダプターの接続部分の安定性ってのがAndroidではけっこう重要で、MicroUSBの挿入部分は使用していると、かなりぐらぐら、してきます。白モデルは手からつるりとすべりおちる素材だったのも、多少あります。Androidはボタンがすくないので、画面をさわっているとてからするりとすべり落とす確率が高いハードであることも実感させられた。

**********

3台目・・iPed タブレットさわってみたくて遊びで買いましたが、正直、使い物にならない。熱を持つ、処理が遅すぎる、表面がセロファン状でタッチ操作が不安定、バッテリーがまるでだめ、という意味では買う価値まるでなし。

**********

4台目・・Lynx タブレットじゃないが、キーボード付きということで安定した使い方ができるかと期待したのですが、横長画面とOS/アプリ群のチューニングがいまひとつ。キーボード群と画面インターフェイスの両方に手が行くので、疲れる。Androidは画面タッチのOS だと再認識。ヘッドセットを前提としたのか、スピーカーフォンの音量も小さくて、街頭はおろか会議室の机上でも話すのはやや難あり。

 

といったところでした。

上記の履歴を見てもらえればわかる通り、タブレット電話、スピーカーフォンで使う携帯にとても興味があったのが今回のGalaxyTabを購入した最大の動機でした。iPadを初めて触った時、「これで電話をかけたい」という欲求がわき上がってきたのを今でも覚えていて、今回がダメだったらAndroid携帯をあきらめようかと思っていた矢先の今回です。

評価の結論からいってしまうと、かなり気に入っております。本格的な使用を開始しようかと、つまりこの電話機の番号を周囲の人に伝えるというフェーズに入ろうかとおもっちょります。

**********

○さて、このマシンが評価できたポイントは何かとなります。次のようなものです。

1.バッテリーの寿命がかなり信頼できる・・・フル充電でツイッターと、ときどき電話会話、で65時間程度継続しました。

**********

2.ハードウェアとソフトウェアのバランスが絶妙にいい・・・これ店頭ではなかなかわからないことですが、今後携帯では重要な要素となると思われます。処理速度とバッテリー寿命は深い関係にありますが、これまでの5台の中ではトップと思われます。メーカーによるOSの最適化カスタマイズも実はとても重要です。wifiBluetoothGPSなどバッテリー節約に重要なオンオフメニューが便利なところにあるのがいい。 

**********

3.画面のコントラストがとてもよい・・・文字通り、そういうことです。

**********

4.フリック入力が用意されている・・・これがないとね、メールやツイッター系はしんどいのです。画面内のアルファベットキーボードを叩く、というのは携帯ではありえないほどの時代錯誤なのですよ。ただ画面タッチのセンシティビティーなのかな、それと、アップルの特許などの関係もあるのでしょうか、Iphoneが持つフリック入力インターフェイスのスピードでうつと追いつかないし入力ミスになる。そこまでのAndroidハードはまだみたことがない。

**********

5. スピーカー音量が卓上会議にも十分・・・そもそも、この「公開電話」って、みなさん「え?」と思うでしょうが、これからの電話の未来はここにあると思っていて、タプレットで電話してみたかったんだな。で、これ、ホントに快適ですよ。秘密の電話にはBluetoothの電話機をつなげて使ってますが、正直、街中でつかう電話には向いていない。

**********

6.電源コネクターが安定している・・こんなことあまり考えずに皆さん買ってると思うけど、電話機って充電が頻繁だから、コネクターにかかる負荷が高い。ガバガバになっちゃうとやっかいなのです。iPhoneのアダプターと見た目はほぼ一緒ですが、ほんのすこしだけ違うのが「え?」と思う。特殊な規格だと追加部品が高いからね。

の六点でしょうか。

○次に残念な点は

1.画面のタッチレスポンスがiPhoneに追いつかない・・指で画面をスクロールする時に、付いてきてくれないのは他のAndroidもほぼ同じなんだけど、iPhoneが優秀すぎるせいですかね。フリック入力がとても早い僕としては、ちょっと不満です。

**********

2.路上の電話使用には抵抗がある・・ヘッドフォンマイクなんかいつもささってないからスピーカーフォンとして街角で話すのに抵抗があるわけ。外出時にはBluetoothヘッドセット買おうかという気もするけど、バッテリー減るし、充電対象がふえるのもね・・・。そのため一台目マシンとして持つユーザーには微妙です。

**********

3.カメラ・・・スマートフォンのカメラはどれも使いにくいですが、ことTABマシンで画面メニューで操作するカメラは筐体を落とさずに使うのは至難の業。

**********

4.充電アダプター規格・・・要するに特殊なんです。見た目はiPhoneと似てるけどね。iPhoneのアダプターを完備している飲み屋も港区ではずいぶんと多くなったけど、Galaxy用はないだろうな・・

**********

5.ケースにいいものがない・・・実はジーンズの後ろポケットにぎりぎりはいるんですが、すわった時には心配ですからね。腰からぶら下げるケースで、かつ着信時に出る出ないを判断できるよう、画面がすぐに見えるケース、ってのが、ない。ちょっと前にはやったシザーケースみたいのがほしい。

**********

3週間のテスト使用では、こんなところでしょうか。本格使用したらまた何か出てくると思いますが。

************その他スマフォ全般として思うこと**********

○ここまで操作感が完成されてくると、Androidがメインストリームになるぞ、ということを予感させてくれるマシンでもあります。iPhoneとの違いは、「フラッシュが使える安心感」です。

タブレット電話というのは、使いにくい側面もあるでしょうがビジネスでは大きな可能性がある。とくに、スカイプ系のテレビ電話は、タブレットしかないでしょ。i4のfaceTimeは、さすがに使う気にはならなったけど、手に持つタイプであれば、逆にあり、という点で、「画面チャット」と「通話」は背反する属性のものだと思ってます。

○ドコモのSPモードが提供するSMS環境、これははっきりいってガラ系にはおよびません。iPhoneのSMS/CSMが統合されて着信告知が画面上に出るのに対して、SMSは完全に独立したメールのようなものです。開かないとわからないから携帯メール特有のリアルタイム性が感じられない。いっぽうでCMS対応のソフトは別ソフトですから、要するにたくさんのメールソフトをあちこち起動しなきゃならない。ガラのメール文化がどれだけ恵まれたものだったかを痛感するのもスマフォの特徴です。ちなみにiPhone用にソフトバンクが対応したxxx@softbank.ne.jpはかなり使い勝手がいい。Galaxyでは、携帯のメアド捨ててGmailに統一しようかという気持ちにさせます。日本ではジャンク対策している人もおおいので不都合も多いですけどね・・・

 

ながくなってしまったので、ここらでまとめに入りますが、この電話は、ビジネス目的の二台目としてお勧めします。iPadに電話機能がついたらいいなと思い続けてきたものとしては、なかなか、よい。惜しむらくは、G3の無線ルーター機能があれば最強、という点でしょうか。

 

是非ご検討くだされば。