読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

オリンパスEP-1 "PEN"の使用感

ライカに関するあれこれと

発売三日目となる今日、おそらくは数多くのプログサイトなどで、EP-1の機能や描写性能については語られているのではないでしょうか。
ですので、こちらでは、操作感、つまりいわゆるインターフェイスへの感想を簡単に紹介させていただくことにします。
*************
この新モデルの注目ポイントはどこかというと、マイクロフォーサーズ規格、つまりミラーレスによるボティー空間の小型化と、本来の一眼レフ機能との「同居」、ということになります。
そうなってくると、それまで機械系・光学系が果たしてきたインターフェイスを電子系がどう補っているか、が注目点になってきます。
これら性能差は、ですから「オートモード」ではあまり目立ちません。それが顕著に目立つ「マニュアル時」での操作性が焦点になります。

*************

さて、マニュアルモードでユーザーが求めるものを優先順位で並べると

1.ピント合わせの操作とその視覚的な確認方法
2.シャッターのタイムラグ
3.絞りVSシャッター速度変更の操作性
4.ホワイトバランスなどの諸設定

といった具合になると思います。

1.一般的に、レンズ交換可能な一眼レフカメラの特徴は、レンズのリングを回転させることでマニュアルのピント調整おこなうことです。(ライカのようなレンジファインダーでもこれは同様です) 

さて、このPENでも、ピントはレンズ部フォーカスリングを回すことでおこないます。ただしリング回転によって機械的に動作させているのではなく、ピント調整はあくまで電子的に制御させていて、その調整スイッチをリング部分に割り当てている、という仕組みのようです。ですから回転リング部分には距離目盛りなどは振られていません。鉛筆で目盛りを振ってもムダ、「回転させること」に操作を割り当てているだけです。
だからこのヘリコイドは無限に回転するのです(!) 言い換えると、オートモード時にヘリコイドを回してもレンズはいっさい反応しない。なので、回転絶対位置を手で覚える人の中には、ちょっとした違和感を感じる人もいるかもしれません。いにしえの操作を機器インターフェイスに取り入れたという点では、ある意味最新鋭のジェット旅客機の操縦桿のようなものといえるかも。

さて、もういっぽうの、光学系のファインダーをもたないPENではマニュアル時のピント確認をどう解決しているかという話ですが、先述のリング回転を感知し、その瞬間に対象物を7倍のズーム画像として液晶モニター上に自動表示しています。「その瞬間」と表現しましたが、こちら、コンパクトデジカメのシャッターを半押しして反応するくらい、のタイムラグがあります。感覚的にはコンマ2.5からコンマ3secondくらいでしょうか。
でもこの機能はありがたい。もしかつてのコンパクトカメラのようにピント調整を電子スイッチによる操作にしていていたら、このPENは、いやフォーサーズ規格のメリットそのものが成立しにくいものだったかもしれないと感じました。

2.のシャッターのタイムラグは、反押し状態からであればさほど気にならないものですが、ライカM8などと比較するとやはりすこし間があるんだな。おそらくは、この「マニュアルモード」を愛用する人のためにこのPENはあるんでしょうから、このレスポンススピードはとても大切なもののように感じますね。もうすこし早いとありがたいな、とね。

3.の絞りとシャッタースピードの調整ですが、バックの2つの回転リングにそれぞれが割り当てられていて、右手の親指で回転させ液晶上の表示を見て上下させる、というものです。、GRdigitalを初めてさわった時と同じ印象でした。

4.についてですが、撮影時に優先的に呼び出したい設定項目メニューを、回転リング部を上下左右に押すことですぐに呼び出せる。だからこのリングは「回転」と、そして上下左右に「押す」という二つの機能が同居しているので、多少押し間違えが発生することがあります。

**********************
すでに過去の他社製品で実装されているようなインターフェイスも多々あると思いますが、それらが取捨選択されて新製品の味付けとなるわけで、その意味でのこのPENの総体的な個人的評価は、決して低くはありません。
が、おそらくその最大のメリットは「レンズ交換可能なコンパクト」という表現になるかな。気軽に持ち出して気軽に撮る、ということは、一眼レフやライカなどでは得難いメリットといえるでしょう。昨日一晩ゴールデン街で飲み歩いた結果としての写真内容もライカM8のそれとはかなり変化するわけです。

P7040251

雨ニモ負ケズ、酒ニモ負ケズ、坂本チャンノ乳首攻撃ニモ負ケズの一枚

価格については、1000万画素級が店頭で1万円台で並んでいる時代、高い安いについてはいろいろな議論があると思います。デザインも含めてレトロな、それでいて外見とはウラハラの高機能カメラを持ち歩きたい人にはたまらないガジェットといえるでしょうし、そのターゲットポジションはちょうどかつてのGRと似ていると感じました。(純正のレトロ皮革ケースがどこも売り切れ、という状況も含めて)マニア心をくすぐる一台では、まちがえなくあります。

僕はまだ標準の単焦点(パンケーキレンズ)を一つしかもっていないので、レンズ交換による使用感の違いは不明です。これから使いこなれるとともに、あたらしい発見もあるでしょうし、今後定期的に紹介できればと思っております。