YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

会社のパソコンからこのBLOGを読んでいるあなた!!

060614掲載

いま、あなたは会社のパソコンからこのブログを読んでいますね?
時間は、昼をすこしすぎたあたり。
「あーぁ、どこかにおもしろいネタないかなぁ・・・」なんて考えながら。

ここのところ、僕もずっと煮詰まっていました。
イメージでいうとこんな感じです。
(ちらかっている紙は原稿用紙のつもりです。決してティッシュじゃありません。)


(1990 Photo by まっちゃん;モデル 斉藤 パソコン Lisa2)

いま、僕はというと、たぶんモスクワ行きのアエロフロート機内で、英語で書かれたソビエトの宇宙開発のペーパーバック本を必死こいて読んでいることでしょう。
13日に現地集合予定だったけど、仕事でぎちぎちだったので、僕はちと遅れて15日いり。すぐ翌日から、旧ソビエト宇宙開発視察ツアーです。合流するのは、ウィルとジョエルという古き友人夫婦です。ウィルはシムシティーシムピープルの作者です。最近はSporeなるソフトをつくっているらしいけど、聞くところによるとテーマが生命創造というあたり、シーマン2となんとなく似ているんだよな・・。ま、年も近いし、シンクロニシティー的なことは今に始まったことではなくてね、ここ数年の興味の対象は、旧ソビエトの宇宙開発史。
ということで、今回の視察ツアーとなるのであります。
ちなみにジョエルは画家で、その娘のキャシディーは、先日こちらのBLOGにも登場していただきました。

でも、アメリカって国は、世界の文化に通じるのだなぁ、と関心する。
手もとにある宇宙開発史の本は、米国のものだけどで、日本じゃこんな本出す出版社ないですよ。

ソビエトの宇宙開発の情報なんて、せいぜいときどきNHKスペシャルで流すくらいでなかなか手に入らない。

日本はそんなところなんだ、という話をウィルに3年位前にしたら、「僕はネットで探している」というから、「どこのサイト?」って聞いたら。「ロシアのサイト」という。
「は?どうやってロシア語読むのさ」と聞いたら、「音読すれば、音が欧米言語と似ているからだいたいの意味はわかるのさ」と、しゃあしゃあと言うのである。

ほんとかよ!?

やっぱりウィルは天才だなぁ。