YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

禁断のAGB

GBAも各色あれど、この色のGBAは誰ももってないでしょー。
なにせ発売前に一部のデベロッパー用に貸与配布されたものなのだから。
同業の方はご存知とおもいますが・・・。

あれからもう3世代も経過したのでもうよかろうということで、任天堂さんに「個人BLOGに掲載したいのだけど・・」と聞いてみる。すると窓口をしてくれているY氏はいつもの口調で、「いいですけども・・・(←京都アクセント)くれぐれも、もらえるとは書かないでくださいよ。問い合わせがあるとうちもいろいろと大変なんですから(←Y氏特有の京都アクセント)」とのこと。

だから、はっきり書きますがこのGABはもらえません!!(あれれ、なおさら自慢ではないか!?) 借りているだけです。借り物なのに、なんで落書きがしてあるんだ!? そう、これは任天堂の方のサインです。だから、私のせいではありません。

そういえば、今日、大玉のヨーロッパ版のサンプルが届いた。
下は開封直後の興味津々の社内の風景。(なんとなくわざとらしいけど、やらせではありません)

日本語版は、漆をモチーフにした渋い黒ですが、米国とヨーロッパは、明るいですね。いずれこちらで紹介します。

で、さっそく、開発ディレクターをしてくれた岡安さんのところと、絵を描いていただいた山口さん、あと、いろいろとお世話になった方々に送りました。といっても日本のGameCubeではプレイできません!!!あ、それから関係者の方で、ほしいという方は、どうぞビバまでご連絡ください。ずいぶんとたくさんの方が関係しておりましたが、残念ながら数量が限られており自己申告制とさせていただいております。

あ、岡安さん、あしたよろしくお願いします>www.Odama.jp用インタビュー