YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

2台目のライカM8

別にわざわざBLOGで報告するまでもないことなのだけれど、4月20日からM8が二台になった。

初回ロットのファームウェアか、CCDだかがおかしい、と勝手に思い込み、あたらしいロットをさわってみようという出来心からである。さわったらすぐに転売するつもりだった(在庫不足から値落ちはさしてしないので)。

だが、北京に二台とももっていったせいで、ちょっと傷がついてしまい、そしてなんといっても愛着が沸いてしまい、手放さぬまま現在に至っている。

いや、自分に嘘をついているかもしれぬ。もともと転売する気なんてなかったのかもしれない。自分でもよくわからない。

2lecias

あ、あと、ついでに告白すると・・・レンズもずいぶと増えた。

Summicron 35mm f2 ASPH

Summilux 35mm f1.4

Noctilux 50mm f1

Elmarit 28m f2.8 (6bit) ASPH

Elmarit 24mm f2.8 ASPH

これが今年になってから買ったレンズである。中古でないものも2つもある。

ああ、これでは、ただのバカではないか。
罪滅ぼしのように、新会社の役員ポートレートを自ら撮っているものの・・。

ベテランカメラマンがよくこう口にする。
「若いカメラマンほど、機材に懲りたがる。どうしてあんなに機材を持ちたがるんだろう」と。
男はどうしてモノにこだわりたがるのだろう? 
武士の刀のように、なぜ一台のカメラだけで勝負できないのだろう?
もしかしたら、武士にも、刀をコレクションしていた人がいるんだろうか?

・・・・そんでもって、毎日写真をとるものだから、管理もバカみたいに大変になってきている。

まるで、バカである・・・。