読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

本を出しました。

昨日自社から(オープンブックといいます)出版社として名乗りを上げてまでして発売した「林檎の樹の下で」という本があります。この本を、ぜひとも読んでほしいんです。お断りしておきますが、商売の意味ではありません。商売するんだったら書籍の出版なんてぜったいやらないと思う。

 

 

IMG_1126
実を言うと、この本はねジョブスと日本人のノンフィクションである以前に、30代になった僕が6年かけて書いた本、という意味でも読んでいただきたいのです。独立したての頃に、国際電話をして取材申し入れをして(ネットなんてあってない時代ですから)、当時のどんな人たちと会ってきたか、書籍化の予定もないくせに、どんなことを聞いて回ったのか、という記録でもあるのです。言い換えると娘が生まれた直後の僕は、いたいなにやってたんだ?という、脱サラの記録でもあるわけです。

30代の人は30代なりに、同世代の人は、当時の僕と比較しながら、ね。 三回目の復刊なので、あとがきが7年おきに三つ収録されていて、あとがきはいつも脱稿の最後の一時間で書くクセがあるんですが、そのぶんそれぞれの時代(僕だけではなくアップルそのものも変化してますよ)の生の言葉が書いてある。直接の知人の皆さんにはそこも、おもしろいところだと思うのです。 http://amzn.to/r8pPZQ