YOOT.COM

斎藤由多加のブログだよ

ビジネスモデル

最近のiPhoneで面白いのが、MobileMeによる新サービス攻勢。

その中でも「ついにやってきたか」と思う仕様は、iPhoneを紛失した際のサービスでしょうか。

いま自分のiPhoneがどこにあるのか地図上に表示する機能もあることながら、PC上から自分の携帯をロックしたり、拾い主にむけてのメッセージをオーナーが直接紛失したiPhoneの画面に表示させるなどのサービス。

本来この手のサービスはキャリア任せでしたが、限界があった。携帯を遠隔でロックしたり、所有者からの特定の連絡に端末が特殊な音を出させたり、という技術特許は、日本ではソニーが取得していました。でもそれらをうまく行使できなかったのは、すべて「キャリア」を経由しているというビジネスモデルが足かせとなっていたからでしょう。ソニー製の端末だけに特別なサービスを提供することができないという制約。

ところが、アップルはそれをMobileMeというプッシュ型通信サービスと、OS開発元という立場を組み合わせて次々とやりはじめてます。

*****

そもそもMobileMeは、パソコンであるマック向けの付加サービスでしたが、これからは携帯向けの新サービスに強力にシフトしてゆくことでしょう。いわば次世代のiModeのような存在になってゆくのではないでしょうか。iModeになかば強制加入させられていた日本のユーザーからすると、目から鱗といった新アイデアがつぎつぎと登場するにちがいありません。

アメリカという国は、この「新ビジネスモデル」による切り崩しが上手いです。「そんな商売ありえるの?」ということを次々と展開してくる。キャリアの軍門に下っていた端末メーカーたちはなす術もなく、先を越されるにちがいない。国内の通信事業者に課した鎖国的な国策が仇となって、日本はまたしてもハード屋、インフラ屋に成り下がってしまうんだろうか?

ま、ご興味の有る方は、アップルの新サービスをすこし見てみてくださいな。